医師たちとの密接な協働

ベビービョルンの製品開発担当者たちは、新製品の開発および既存製品の改善のいずれの場合も、商品開発の全過程において小児科および医療専門家と密接に協働しています。

敏感な新生児や小さなお子様が使用する製品 (ベビーキャリアなど) について、小児整形外科医や新生児を専門とする医師に意見を聞きました。 これにより、製品のさまざまな安全面に関して、専門家から必ず承認を得ることが可能になりました。 たとえば、お子様のおしりに適したデザインであること、新生児に十分な頭のサポートがあること、ユーザー向けの使用説明が意図されたとおりに理解できることなとが確実にされます。

実用的な、人間工学を考えたデザインのベビービョルン ベビーキャリアは、お子様が必要とする身体の触れ合いのニーズを満たし、安心感と刺激を届けます。

医療専門家たちのベビーキャリアに対する意見をお読みください

アマンダ・ワイス・ケリー博士

オハイオ州、クリーブランドのレインボー・ベビー&チルドレン・ホスピタル、整形外科、小児部門。

「ベビービョルンのベビーキャリアは、赤ちゃんが生まれたその日から使用できます。生後数週間は乳児の発育に非常に重要であるため、ベビーキャリアは新生児の頭部、首、脊柱、腰部を適切にサポートするよう設計されています。適切にサポートされながら、パパママとおなかとおなかをくっつけて触れ合うことができます。内蔵のヘッドサポートが頭と首をしっかり安定させます。 ベビービョルンのベビーキャリアはまた、赤ちゃんの腰部を外向きの最適な外転位置(開脚位置)で支えます。

ヨーラン・ケンドーフ博士

1998 年より小児整形外科の専門家として従事。アストリッド・リングレーン小児病院の小児整形外科クリニック、アレリス・スペシャリストヴァード・イエルヴァの小児整形外科部およびに勤務、あらゆる種類の小児整形外科に関係する評価に取り組む。

「首、頭、背中のサポートがしっかりしていること、そして足とおしりを自由に動かすことができることは、新生児にとって重要です。ベビービョルンのベビーキャリアは、これらの重要な条件を満たしています。」

ラグナー・オレゴード准教授

ラグナー・オレゴール博士、准教授 (講師)、モルンダール病院前小児科長およびスウェーデンヨーテボリ市サールグレンスカ大学病院内シルビア王妃小児および青少年病院前神聖医療科長。

「ベビービョルンのベビーキャリアは、初めの段階から、新生児と幼児の成長発達を専門とする小児科医と密接に共同して開発されています。この製品は実用的な、人間工学を考えたデザインを特徴としています。お子様が必要とする身体の触れ合いのニーズを満たし、安心感と刺激を届けます。」

ガルシア・フォンテチャ博士

バルセロナ、ヴァル・ド・エブロン病院の小児整形外科医。

「ベビービョルンのベビーキャリア内の新生児の脊柱は、正しい C の形をした姿勢になります。ベビーキャリアで抱っこすることで、ご両親は赤ちゃんを観察して、赤ちゃんが必要とするものに対応できます。子供の腰部も楽なポジションにあるため、生まれてからの最初の数か月のあいだの腰部の発達によい影響が与えられます。ベビービョルンのベビーキャリアは、すべての足の関節を自由に動かすことができる設計になっているため、関節の発達が促進されます。」

クラウス・パーシュ医学博士

シュツットガルト、オルガ病院小児整形外科の前科長。Deutschsprachige Vereinigung für Kinderorthopädie (ドイツ語圏の小児整形外科団体) および欧州小児整形外科団体の前議長。

「ベビービョルンのベビーキャリアは、新生児と小さな子供たちに理想的な足の位置を提供します。身体に対する足の角度と、外側への回転の動きが組み合わされることで、腰部の関節の発達が助長されます。ベビーキャリアを正しく使用することで、両親と子供の両者に利点がもたらされます。整形外科の側面から、強く推奨できる製品です。」