いつもそばに

幼い赤ちゃんは、生まれてから最初の数か月、安心感を得るために密接な触れ合いを必要としています。 ベビーキャリアで小さな赤ちゃんを胸の位置にぴったりと抱っこすることで、お母さんのおなかの中での生活から新しい外の世界での生活に慣れるための手助けができます。 おなかの中でも感じていた体温、聞きなれた心臓の音や声は、赤ちゃんに安心感をもたらします。 密接な身体の触れ合いは、新しい刺激に満ちた世界で安心できる神聖な場所となり、赤ちゃんはパパママを信頼するようになります。

赤ちゃんはパパママを見て、声を聞いてもらい、抱っこされることを求めています。これらの要求には、ミルクを飲んだり、眠ったりすることと同様の重要性があります。 赤ちゃんをベビーキャリアを装着できることが重要です。 そして、簡単にお子様をベビーキャリアに入れたり、また眠ってしまったお子さまの目を覚ますことなくベビーキャリアから取り出したりできることも必要です。 これが、ベビービョルンのベビーキャリアが世界中の 小児科医 や児童心理学者達によって推奨されている理由の 1 つです。

生まれた日から安全に

幼い赤ちゃんは、生まれてから最初の数か月、安心感を得るために密接な触れ合いを必要としています。 ベビーキャリアで小さな赤ちゃんを胸の位置にぴったりと抱っこすることで、お母さんのおなかの中での生活から新しい外の世界での生活に慣れるための手助けができます。 おなかの中でも感じていた体温、聞きなれた心臓の音や声は、赤ちゃんに安心感をもたらします。 密接な身体の触れ合いは、新しい刺激に満ちた世界で安心できる神聖な場所となり、赤ちゃんはパパママを信頼するようになります。

赤ちゃんはパパママを見て、声を聞いてもらい、抱っこされることを求めています。これらの要求には、ミルクを飲んだり、眠ったりすることと同様の重要性があります。 赤ちゃんをベビーキャリアで抱っこすることで、赤ちゃんを観察し、赤ちゃんのニーズを理解して満たしてあげることができます。 アイコンタクトと触れ合いにより、赤ちゃんとの間に絆が生まれます。絆は、お子様の発達と、今後の親子関係にとってとても大切なものです。 赤ちゃんに与えることができる安心感は、後の人生において自尊心を確立するための基盤となります。